約4ヶ月間での売上はたったの5万円で廃業寸前の状態でした。

a0002_003654

a0002_003654

私自身、2005年に行政書士事務所を開業しましたが、

約4ヶ月間での売上はたったの5万円で廃業寸前の状態でした。

このままではヤバイ・・・と

インターネットでいろいろと検索してから、

ある教材に出会いました。(正直、胡散臭いページでした 笑)

それがインターネットマーケティングとの出会いです。

当時購入したものは35800円の教材です。

とても素晴らしい内容で、

そのとおりに実践、実行してゆき教材代金はすぐに取り戻しました

その後、その教材作者が月3万円サポートするサービスに加入しました。

毎月コンサルを受けることでインターネット集客のスキルが向上し

毎月50万円以上の売上を達成することができました。

その後、2007年にあるコンサルティングサービスに

1年間で100万円支払いました。

そこで教える内容は非常に高度な内容で、

いろいろとサポートを受けながら学び実践した結果、

月の売上は200万円以上を超えて年商1500万円以上になりました。

その後もいろいろな教材購入やセミナー参加したり、

コンサルティングを受けたりして、

それを本業に活かしたり、収入源を増やしたりしています。

本業の集客で困ることは無くなった上、

私自身、コンテンツ販売での累計売上は5000万円を超えるなど、

成果を上げることができました。

現在までの約10年間、こういった形で500万円以上はお金を使ってきました。

(細かく計算していないので、もっとかもしれません)

長々と自慢のように聞こえるかもしれませんが、

もし、廃業寸前の状況で35800円の教材を購入しなければ

現在の私は間違いなく存在しません。

今頃はアルバイトをしているでしょう。

つまり、最初に思い切って、お金を使ったからこそ道が開けました。

その後も、お金を使う→勉強→実践→結果がでる。

そのお金の一部をお金を使う→勉強→実践→さらに結果がでる。

以上のようにお金を使うを繰り返した結果、現在があります。

インターネットでは無料でも良い情報が手に入りますが、

やはり、お金を使って得られる知識にはかないません。

学ぶ姿勢や行動する意識がまるで違う上、

一緒に学ぶ仲間や成功者の指導を直接受けることで加速成功してゆきます。

ほんの些細な知識から、少しだけ考え方が良くなって、

考え方が少し良くなったら、行動がわずかに良くなります。

その行動の結果、いつもより少しだけ良い結果になったりします。

では、その知識が大きなものだったら?

考え方はどうなる? 一緒に学び競い合う仲間がいたら

行動はどうなる? その結果は?

結局、何もしない人は

昨日と同じ今日がきて、今日と同じ明日がきます。

それで本人が満足しているならば良いことです。

でも、満足していないならば、意識を変えて行動して下さい。

私が日頃から、

「知っている事と知らないのとでは全然違う」と伝えて続けているのは

以上のような体験からもきています。

まさに「知識は力なり」です。

集客思考のブログランキングは●位です。

商売の基本原則

a0782_000775

a0782_000775

商売の基本原則ですが、商売で大切なものは顧客名簿です。

商売は名簿で始まり名簿で終わるといわれるほど顧客名簿が重要です。

その重要性については、江戸時代の呉服屋の話がわかりやすいです。

江戸時代のお話ですが、呉服屋の店が火事になってしまった時、

店主は何を持って逃げたと思いますか?

大切な商品である「呉服」・・・では、ありません。

「小判」・・・でもありません。

実は「大福帳」というものを持って逃げたそうです。

(正確には井戸に大福帳を投げ込んで、逃げました)

大福帳って何か知っていますか?

大福帳は特殊な、こんにゃくで作られた紙でできて、

取引先が書かれたものです。

(井戸に投げ込んでも、墨で書かれた文字なのでにじまない)

つまり、

大福帳とは、今で言う顧客名簿の事です。

お店が火事になってしまって、財産を失ってしまったとしても、

顧客名簿さえあれば、何とかやり直せる。

その事を、江戸の商人は知っていたのです。

「商売は名簿で始まり名簿で終わる」という言葉があるくらいです。

それがリストマーケティングやDRMという言葉で現在も活用されています。

集客思考のブログランキングは●位です。

ホームページ、WEBサイトの成約率を上げる方法

dfr

dfr

ホームページ、WEBサイトの成約率を上げる方法として、

重要な点は「インパクト」と「安心」です。

お客様はホームページを開いた瞬間にインパクトがないと

別のページへ移ってしまいます。(3秒ルールとも言われています。)

そして、インパクトがあっても安心できなければ(怪しい)

別のページへ移ってしまいます。

方法としては目の引くキャッチコピーと実績が一目でわかるように

表示されていると良いです。

ただ、実績を載せるのが難しい場合があります。

その場合はお客様の声を写真付で載せると効果が大きいです。

また、その道の権威者に感想をもらうと効果絶大です。

ホームページを開いた瞬間に「インパクト」と「安心」を

お客様感じるようにして下さい。

読んで理屈で納得でなく、何となくの第一印象です。

人を第一印象で判断する感じと一緒です。

何となく、このページ気になる・・・と

ボーっとしながら、読んでいるのが大半なので

少しでも読んでみようかな・・・と、興味をもってもらう内容にする必要があります。

ひとつの有効な方法として芸能人との対談場面を載せると

大きく成約率が向上します。

dfr

集客思考のブログランキングは●位です。