大企業といえども集客や販売に苦しんでいます。

a0960_004668

a0960_004668

大企業といえども集客や販売に苦しんでいます。

いえ、大企業だからこそ、小回りが利かない分

時代の流れについていくのが昔よりも困難になっていると感じます。

以前のニュースで、ソニーが1万人規模の

リストラを行うと発表がありました。

NECは従業員5000人を削減し

業務委託契約の打ち切り人数も合わせると

1万人のリストラを行ったと発表があったばかりです。

大企業といえども、

いつリストラされるかは本当に分かりません。

サラリーマンには厳しい状況が続いています。

『会社から給料をもらう以外にお金の稼ぎ方を

知らない事のほうが、リスクが大きい。』という時代に入ってきています。

会社などに依存するよりも、

手に職を付けることが一番安定すると思います。

私自身も行政書士として、手に職を付けているような状態なので、

一定の収入は確保することができます。

もっと言うとやり方次第で、いくらでも収入は見込めます。

知人からすると公務員に近いような存在との事です。

食えない資格の代表にも言われますが、コツさえつかんでしまえば

将来が安定する国家資格だと個人的には思っています。

要するに考え方次第、物事の捉え方次第で

良くもなり悪くもなったりします。

集客思考のブログランキングは●位です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

集客して成功する人、しない人 その違い。

a0002_011679

a0002_011679

先日、行政書士会から会報誌が届いたのですが、

行政書士廃業した数が以前より増えていたので驚きました。

(会報誌には行政書士廃業者の人数が載っています)

行政書士は食えない資格の代表とまで言われていますが

個人の能力次第で何とでもなる資格です。

これはすべてに共通することで

物事は考え方次第、捉え方次第でどうにでもなります。

同じものを目の前にしても、

何事もマイナス思考になってしまう人がいます。

私の事をとってみても、

行政書士になった=行政書士は食えない 廃業するのが目に見えてる

インターネットで収入が増えた=詐欺

仕事=好きな事は仕事にできない と言うひともいます。

ひどいマイナス思考です。

行政書士として10年目ですが、好きなことを仕事にし続けています。

人生は何がきっかけで変わるかわかりません。

ある事がきっかけで

人生が劇的に変化したという話はよく聞きますし

実際、私がそうでした。

集客についても全く同じことが言えます。

もう、メルマガの時代は終わった・・・

PPC広告は広告単価が高騰するばかりで

全く使えない・・・

SEOはパンダアップデートやペンギンアップデートなど

変動が激しすぎるから、怖くてつかえない・・・

・・・等々、できない理由を探すのは簡単です。

集客が成功する人、しない人の違いは

集客できる可能性を見出すことです。

振り子の原理で、皆が離れていった集客手段が実は穴場になることはよくありますし、

本当に使えなくなってしまったのか競合や他の業界からリサーチをすべきです。

結局のところ、根性論になりますが、

あきらめない限り、何とかなるものです。

その精神でいれば、集客できる可能性を見出すことができますし、

見出した体験から、今後同じことが起きても対処方法は身についているので

対応がしやすいものです。

私自身、ネット集客は10年ほどの経験がありますので、

さまざまなネット集客関連の歴史をみてきました。

螺旋のように繰り返しているので、大体の大きな流れはわかりますが

ひとつの集客手段に偏らないように気をつけることが大事です。

集客思考のブログランキングは●位です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

売上が下がり続ける理由

a1370_000478

a1370_000478

売上が下がり続ける理由のひとつとして、

お客さまのことを考えていない事が考えられます。

ひどい会社の場合、闇雲に今すぐに買ってくれるお客を刈り取るように見つけては、

欲しくもない相手を無理矢理に納得させて売っています。

古くは訪問販売の形で、半ば強引に売るようなやり方です。

当たり前ですが、そんなことをしていれば悪評が増えてしまい

ネット上に悪いレビューが増え続ける形になります。

購入したお客は納得していないからクレームや返品になってしまいます。

営業すればするほど悪評が増えていくので、

会社に未来はありません。

開き直って、強引に販売して社名を変えて繰り返すといった悪徳業者を除いて

このようなやり方では倒産します。

会社によっては自覚が無く

強引な販売を普通の販売と勘違いしている場合もあります。

では、どうすればいいのか?

上の強引販売と逆のことをすればいいだけです。

魅力的な商品を開発して、強引な営業をしなくとも商品が売れるように仕組みをつくり

購入者にはしっかりとフォローをする。

そんなの言うだけなら簡単だよという声が聞こえてきそうですが、

実際にはインターネット集客を効果的に取り入れて、

リサーチをしっかりと行えば可能になってきます。

魅力的な商品なら紹介するだけで、購入もしてくれて

リピート購入もしてくれます。

更に他のお客さんにも口コミで紹介しれる状態になります。

集客思考のブログランキングは●位です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0